« イベント出店のお知らせ(ライラックまつり) | メイン | チェキでキーホルダー作成体験 »

panda in TOKIO その1

忘れてしまいそうですが、大事な旅に行ってたんです、ぱんだ。
ビックプロジェクトの為に。。栄養補給の旅。

絶対忘れては行けないのは旅の相棒に感謝すること。
二人がいなかったらどうなってたんだ、私。
ありがとう、マコト君、ナオコさん。
このご恩は北海道で返します。

強力な助っ人その1 マコト君
カトルフィーユ通なら知ってる元スタッフマコト君。
マコト&ヤスコペアとしてカトルフィーユでアルバイトした後、
東京のパン屋さんへ就職しております。現在も絶賛修行中。
本当に頑張り屋さんです。
このときもパンのコンクールに向けて試作を繰り返している時期でした。
若い頃のシェフと重なります、うるうる→涙もろいアラフォー。
そんな中、ぱんだを連れて行くお店を色々探してくれ
1日お付き合い頂きました。

協力な助っ人その2 ナオコさん
これまたカトルフィーユ通なら知ってるカメラマンナオコさん。
まだ知らないあなたはこちらをどうぞ。

パニャるブログ https://matyupanya.exblog.jp/
matyunagニャッシ https://matyunao.exblog.jp/
→ポチっと行ける方法を忘れました。。コピペしてください。。

パンへの愛を感じます。
出会いこそSNSでしたが10年以上経った今では
すっかり親戚よりも親戚感ある付き合いをしております。
ぱんたはいとこだと思っています(笑)勝手にごめんなさい。
お仕事の合間に可愛いマイカーで都内をブイブイまわって
パン屋さんを巡ってくれました。
ぱんだの東京時代は電車移動ばかりだったので
見たことのない都内の車窓が新鮮で。
桜も見せて頂いて。
夢のような2日間をありがとう!

この二人におんぶにだっこで、巡った東京パン屋さん。
以下の10軒に行きました。

吉祥寺 エペ 
吉祥寺 ダンディゾン 
銀座  レカン
銀座  タテルヨシノプリュス
六本木 ブリコラージュブレッドアンドカンパニー
麻布十番 コメット
代々木上原 カタネベーカリー
横浜美しが丘 丘の上のパン屋
三軒茶屋 ボネダンヌ
東日本橋 ビーバーブレッド
(他2件ほど店前まで行くもなぜかお休みでフラれました)

ほんとはもっと行きたいお店があったのですが、
ぱんだが行ったのは月火水なので定休日のお店が多かったですっ。
やはりパン巡りには金土日がおススメです。

ダンボール3箱分のパン&お菓子を買って帰ってきましたよ~ふふふ。
・・2箱の予定だったのですが、
「送ってあげます」と神ナオコさんの囁きによりまんまと3箱に突入(笑)

今年の店長ぱんだの目標は「チャレンジ」だったので、

1極度の方向音痴なのに一人で東京行ってみよう。
2カプセルホテルに泊まってみよう。
3LCCで成田→高速バスを使って格安に行ってみよう。

の3つのミッションを課し、実行して参りました。

まず1は、、
私はとんでもない方向音痴で、未だに札幌の街中でも迷います。
下手したら円山でも迷ってる。。
今回は時間にとっても余裕を持たせて一人の時は迷っても迷っても大丈夫な
時間割を組みました。
そして、グーグルマップ先生(経路案内)にお世話になりました。
便利な世の中じゃー。
スマホが無かったらホテルにたどり着けませんでした。
他はマコト君、ナオコさんにお任せだったので
ミッションは成功とは全然言えませんが自分のレベルを考えると
一人でホテルにたどり着けた奇跡に乾杯。→自分に甘い。

2、、
一人でホテルに泊まる、と言う経験自体が少ないので
一瞬「東京のお友達誘って少しいいホテル泊まっちゃおうかな」とか
ヨコシマな考えが浮かびましたが、オリンピックバブルになりつつある
東京で「少しいい」なんてなかったです。。「超高級」でした。。即却下。
そして、自分の中でチャレンジするなら、、と出てきたのが
「漫画喫茶に泊まる」「カプセルホテルに泊まる」の2択。
どちらも今まで未経験。
1ヶ月以上前の予約ならとっても安くて口コミも良い女性専用カプセルホテルを
見つけたので即予約しました。ドッキドキ。
結果、とても快適でした。
すごいぞ今のカプセルホテル。どんどん増えそうな予感。

3、、
旅の達人と私的に思っている友人が「LCCで成田着→高速バスで東京駅へ」は
すっごくお徳で快適。と教えてくれたのでそのまま実行。
結果、ほんとにお徳で快適でした。
荷物少なくするために色々工面しましたが。
チケットレスなのも今時ですね~。
ほんとにいいの?って内心ハラハラだった昭和ぱんだ。
スマホをピッで飛行機乗れちゃう時代です。
令和はどうなるんだろう??

つづく

sakura6pongi.jpg
タイトル:六本木の桜が窓に映って綺麗。ブリゴラージュさん。

シェフの一言:すごい量のパンが届いたっ!
       でもぱんだがあっという間に食べた!
ぱんだの一言:これでも控えたんだよ~。
       スタッフにもお裾分けしたよ~。

QF_logo_160.jpg
カトルフィーユ
札幌市中央区南3条西23丁目1-6
TEL:011-688-6246
OPEN 10:00-18:00 (月・火定休)

最近のエントリー

Powered by
Movable Type 3.35