« 熱く美味しい研修:バンズ編 | メイン | 釧路:舟木コーヒー限定販売会 »

熱く美味しい研修:バーガー編

スタッフ皆で北海道一、いや世界一美味しいハンバーガーを食べよう

Y+5296さんの食材へのこだわり

研修ですから~、楽しみながらもお勉強!

前回書いたバンスへのこだわりでおわかりのように
1つ1つの食材をとてもリスペクトして、素材を生かした調理法を駆使して
1つのお料理にしてくれています。

doumotogyakou.jpg
タイトル:お肉の説明してくれている逆光の堂本シェフ

~Y+5296さんのインスタより抜粋~
新ひだか町まつもと牧場【こぶ黒】
新ひだか町まつもと牧場さんだけが一貫生産している日高昆布を
餌に育てた黒毛和牛希少ブランド。
まつもと牧場さんの牛舎は驚くほど清潔で「美味しい和牛」を育てる為
とても手間ひまと愛情と情熱をかけているのがすぐわかります。
但馬系の血統が強く個体は小さいが肉質が非常に優れている。
最近特に『北平安』が多く抜群の味わいです。
お肉自体の赤身の味が濃く、オレイン酸の数値も平均的に高い為 
霜降りの口どけもスッキリした甘みと旨みの印象を感じる。
これ以上は長文になりそうなので割愛します…
年間の頭数が少ないので北海道でも限られたレストランのみで提供しています。
《Y+5296》では、この【こぶ黒】100%のパティを提供するんです。
~~~~~~~~~~

お気づきですか?
ハンバーガー屋さんの店名Y+5296は
YANAGIさんのYとお肉の【こぶ黒】のこぶくろ(5296)なんですよ!

店長ぱんだは「口どけ後スッキリする牛肉」に初めて出会いました。
それがあんな大きいパティに100%使っているなんて驚きです。

そして、当店のことはインスタにてこのようにご紹介してくれています。
~~~~~~~~~~
【スペルト小麦を配合した香り高いバンズ】
小樽銭函の超人気パン屋《カトルフィーユ》さんが
Y+5296ハンバーガーのために作ってくれた
当別町大塚農園さんの小麦の原種であるスペルト小麦70%と
十勝産キタノカオリ30%を配合して
和牛100%パティの強い旨みや風味に負けない程、
小麦の高い香りと味を感じるスペシャルなバンズ。
バンズだけでも驚くほど美味しいです。
@qfzenibako
どのパンも美味しい 小麦の魔術師
~~~~~

小麦の魔術師って(照っ照っ)
ありがたやっ。。

身近にいてそんな風に感じたことはなかったですが、
スペルト小麦に関しては品種改良されていないだけに、
美味しさや栄養面の素晴らしいメリットがありつつも、
膨らまない、個体差がある、等の扱いずらさがあり、
難しい小麦と言われていますが、シェフ尚弘は添加物等は一切使わず、
多方面からのアプローチでシンプルながらも美味しいパンに仕上げてくれます。
今までのパン職人としての経験値が役に立っているのでしょうか。

cut.jpg
タイトル:バンズ出てきたよ~!カットしてくれてるよ~!

soup.jpg
タイトル:前菜のスープ とうきびスープにウニがサービスされましたっ♪

namahum.jpg
タイトル:生ハム♪

~Y+5296さんインスタより抜粋~
『札幌北一ミート』
こぶ黒セシーナ 北の大地が誇る随一のスペシャリスト集団が
手掛ける芳醇な香りと極上の旨味の当店オリジナルの生ハム
~~~~~~
この生ハム、初めて頂いた時、香りの良さにびっくりしたんです!!
脂っこくないのに口の中で溶ける溶けるっ!!スッキリした絶妙な塩気と薄さ。
スライスにもこだわって手動のスライサーで!

onikuniku.jpg
タイトル:奥の赤いかっこいいのが手動スライサー。電動じゃないから
     お肉に余計な熱の負荷をかけないのです。

540.jpg

タイトル:パカっと開けたらポテトとチーズ!!
『倶知安本間松藏商店』もはや説明不要の長期熟成じゃが五四〇
先日、マツコの知らない世界でも紹介された究極のジャガイモ!
・・倶知安のせいさんのお店ジェラパタットさんでも頂いたこの
じゃがいも。子ぱんだはこのポテトをせいさんのお店で3歳で初めて食べて
「いも中毒」になった模様です。ポテト娘。

ポテトになったら甘すぎてじゃがいもとは思えずビックリですよ!
砂糖入ってるんじゃ?って疑っちゃうレベルです。

yasaisp.jpg
タイトル:野菜も、、素晴らしいんです。
脇役って言われながらも主役級。

~Y+5296さんのインスタより抜粋~
『江別アンビシャスファーム』
イキイキとした安心安全の美味しい野菜を様々な施しで
さらに美味しい脇役に
~~~~~~

yakki.jpg
タイトル:パティが焼かれております!

なんと6段階の火入れ!!!!
ランチのハンバーガーパティに6段階も火入れするお店、
世界でもここだけだと思いますがいかがでしょう?
本気を感じます。

kitakita.jpg
タイトル:来たーーーー!!!

そして、この後、スペシャルバーガーを頼んだ人には
堂本シェフ自らトリュフスライストッピングのサービスがあります。

kakeho.jpg
タイトル:女性はかけ放題、、のはずが高木君も特別にかけ放題!(笑)

Y5296.jpg
タイトル:もうこれは夢??

普段は営業していない日に研修としてお願いしているので
「全員同じメニューで」って頼んだのですが、堂本シェフが
「せっかく来てくれるんだから食べたいのを選んでください」って
スタッフそれぞれ好みのバーガーを選ばせてもらったんです。
神。。

店長ぱんだは、スペシャルを!!
→この日の為に胃腸を整えておきましたからっ
シェフ尚弘はフレッシュを。

japanba.jpg
タイトル:スタッフかなえさんチョイスのジャパン。
     テリヤキ&山わさび、、ヨダレがっ

さぁ、実食!!!!

続く~!

シェフの一言:目の前で仕上がっていくのを見られるの最高です。
ぱんだの一言:酔っぱらってるのに写真撮らなきゃでドタバタぱんだ。

QF_logo_160.jpg
カトルフィーユ
アトリエ ゼニバコ
〒047-0261 小樽市銭函2-4-6
TEL:0134-64-5878
OPEN 10:00-18:00 売り切れ次第閉店(月・火定休)

コンテンツ

Powered by
Movable Type 3.35